2018年12月6日

宴会「食品ロス」なくそう 県が「30・10運動」

 年末年始の宴会シーズンを迎え、鳥取県は食品の食べ残しをなくす「30・10(さんまる・いちまる)運動」を展開している。宴会開始後の30分と終了前の10分は自席で食事を残さず食べる取り組みで、市民にも参加を呼び掛ける。

会員登録すると続きをお読みいただけます。