2018年11月8日

2018鳥取市議選 議会への提言(上)

 任期満了に伴う鳥取市議選が11日、告示される。定数32人に対し、現在の立候補予定者は35人。このうち新人は9人で、20人近くの新人が出馬した前回、前々回選の約半数だ。手を尽くして探したものの、後継者を立てられなかった勇退議員もおり、議会のなり手不足は深刻だ。背景には少子高齢化の進行に伴う社会構造の変容があり、地方議会は待ったなしの変化を求められている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。