2018年11月4日

クライミング聖地へ(中) おもてなしで歓迎

 日本では16年ぶりの開催となる「クライミングアジア選手権」。各国から訪れる約200人の選手や応援に駆け付ける来場者らを気持ちよく迎えようと、開催地の倉吉市では地元を挙げて“おもてなし”に力を注ぐ。

会員登録すると続きをお読みいただけます。