2018年11月3日

名刀の数々愛好家魅了 日南で森井父子展

 日南町美術館(同町霞)の特別展「大山開山1300年祭名刀展―森井父子三人の仕事」(町、町教委など主催)が2日、同美術館で始まった。米子市出身で研師の森井偲訓(しくん)氏や長男の鐵太郎(てつたろう)氏が研いだ日本刀や、次男で鞘師(さやし)の敦央(あつひろ)氏が制作したこしらえなど計20点展示され、刀剣愛好家らを魅了している。12月2日まで。

会員登録すると続きをお読みいただけます。