2018年11月3日

大量人骨ほぼ渡来系 青谷上寺地遺跡出土

 国立科学博物館などの研究グループが進めている国史跡青谷上寺地遺跡(鳥取市青谷町)で出土した弥生時代後期(1~2世紀)の大量の人骨のDNA分析で、人骨のほとんどが朝鮮半島や中国大陸からの渡来系の特徴を持つことが2日、

会員登録すると続きをお読みいただけます。