2018年9月19日

特製エプロン新たな物語 入れ歯管理の大切さ訴え

 歯科医の監修の下に考案した「エプロンシアター」と呼ばれる特製エプロンを使い、子どもたちに虫歯予防の大切さを伝えている鳥取市の市民団体「歯っぴいほっとスマイル」が、エプロン内で繰り広げる物語に新たな場面を作った。

会員登録すると続きをお読みいただけます。