2018年8月29日

おうちで薬膳 梨と豚肉のおろしあえ


体に潤い与える食薬
高橋 育子

 「梨にしょうゆ?」と驚くかもしれませんが、おいしいんです! 果物の梨ですが、中国や韓国では食材としてキムチや冷麺、スープの具など、残暑の時季には欠かせません。薬膳でも夏にたまった体内の不要な熱を冷まし、体に潤いを与える食薬として、口の渇きやたんの多いせき、夏疲れ、二日酔いなどにも効果的です。

 酢は梨の変色を防ぐので、すぐ食べる時は酢を使わず、ポン酢をかけてもOK。甘みが足りない梨や傷がある梨なども、大根おろしの感覚でどんどん使って、元気に秋を迎えましょう。

 (国際中医師・国際中医薬膳管理師)

<材料(4人分)>


・しゃぶしゃぶ用豚ロース
 肉150グラム
・セロリ10センチ
・エノキダケ4分の1把(わ)
・オクラ1本
・梨小1玉
・酢小さじ1
・かけしょうゆ適量
・塩1つまみ

<作り方>


(1)セロリは長さ5センチの千切り、エノキダケは根を除きバラバラに、オクラは輪切りにしておく。
(2)鍋にお湯(分量外)を沸かし、塩を入れ①と豚肉を順にゆで冷水にとる。
(3)梨は皮をむき、すりおろし、水分を軽くしぼり、酢を混ぜる。
(4)(2)の粗熱が取れたら水分を切り③とあえて、しょうゆなどをかけていただく。

 問い合わせはEメールアドレスkampoyakuzen@gmail.comへ。